×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

派遣で生きる

派遣で生きる

会社に縛られず自由に生きる

  

派遣会社の選び方

最近あえて派遣社員として働く人がふえています。1つの会社にしばられず色々な会社を経験したい、または 次の派遣先が決まるまで長期の旅行へいったりと、自分の好きなことをするために、正社員にならずに派遣で生活する。 派遣スタッフとして働く場合は、雇用関係は派遣先とでなく派遣会社との間に発生する為、どの派遣会社を選ぶかは大変重要です。 時給、福利厚生面等を基準にして選んでいる方は多いかと思います。 ポイントですので、その選び方が間違っているわけではありません。 業種を扱っている場合でも、大抵はそれぞれ強い分野があります。 派遣会社は為クライアント企業からの信用もありますので登録しておいて損はないかと思います。 それだけ登録スタッフ数も多く均等に案件が行き渡らない恐れもあります。 一番大切ともいえるポイントは、登録スタッフに対する対応やフォローの仕方がどうかという事です。 登録の際のコーディネーターの面談の仕方等を見極めて後悔しない会社を選びましょう。

派遣の求人

登録した派遣会社に希望の求人が入るとは限りませんし、すぐに仕事の紹介があるという保証もありません。 派遣会社に登録したらひたすら紹介の連絡を待つという受身では積極的に情報収集しましょう。 各サイトによって様々な希望条件での検索が可能なので、自分の探す仕事が見つかる可能性も高いです。 派遣会社に登録している人は珍しくありません。 会社が違うだけで時給に差がある場合もあります。 派遣会社に登録し、いずれかから紹介を受け話がまとまった場合には、それ以外の派遣会社にはきちんとフォローをします。 必要はありませんが、紹介の連絡があった場合等には就業中である事と契約の満了時期を伝えます。 せっかく登録をした派遣会社なのでうまく活用できるようにしましょう。

派遣の保険関係

派遣社員として働く場合、健康保険の加入は派遣先でなく派遣会社でする事になります。加入については派遣会社によって、一定期間が過ぎないと加入できないとかすぐに加入できるとか言う事が違うといった事もあるようです。 知識は身につけ、後々困った事にならないようにしておきましょう。 かにより健康保険の加入はできる場合とできない場合があります。 1日または労働時間と1ヶ月の労働日数が場合に加入が可能です。 勘違いしやすいのですが、雇用契約2ヶ月という条件は2ヶ月経過後に可能となるという意味ではありません。 保険に加入する場合は、保険料の負担は派遣会社との折半となります。

Copyright 派遣で生きる
旅行系派遣/ 派遣会社情報/ 転職と人間関係/ 女性のための労働基準法/ 妊娠とつわり/ 派遣/ 派遣スタイル/ 口コミ派遣/ 初めての転職/ 転職ガイド/